画像の読み込み

クライアントで画像のexifを読み出すのに普段はblueimp-load-imageを使用しています。
画像をアップロードをするフォームの投稿日のデフォルト値を指定したりする時や、写真をトリミングするコンポーネントなどで利用しています。  

自分がメンテナンスしているアプリケーションで古いバージョン2系を使用していたので、新しいバージョンの5系にアップグレードしました。

const options = {
  maxWidth: 600,
  orientation: true,
  meta: true,
  canvas: true // 1. オプションの追加
};
const photoEnableOrientation = document.getElementById('photoEnableOrientation');
photoEnableOrientation.addEventListener('change', (evt) => {
  loadImage(evt.target.files[0], options).then((result, meta) => {

    const exif = result.exif.get("Exif"); // 2. Exif IFDの読み出し
    const dateTimeOriginal = exif.get("DateTimeOriginal");
    console.log(dateTimeOriginal);

    document.body.appendChild(result.image);
  }).catch(err => {
    console.log(err);
  });
});

主な変更点は下記の通りでした。

  1. オプションの修正

    古いバージョンだと、コールバック関数の引数がHTMLCanvasElementだったのが、オプションでcanvas: trueを指定しないと、デフォルトではHTMLImageElementになる。

    また、Promiseだと結果オブジェクトになっていて、imageプロパティで参照できるようだ。

  2. exifオブジェクトのインターフェース変更の修正

    読み込み結果のオブジェクトにexifオブジェクトがあったが、参照キーが変わったようで撮影日時が取れなくなっていた。
    DateTimeOriginal指定で参照できていたが、Exifキーを指定して、Exif IFD の結果に対して、DateTimeOriginalを指定する必要があった。

修正自体はそんなに大したことなかったです。